プロペシアで脱毛を抑え、ミノキシジルでさらに発毛を促すことでAGAに対し、高い効果を得ることができ、改善に向かいます。

プロペシアとミノキシジルでAGA治療

新しい選択肢、プロペシア
プロペシア 従来まで髪の薄い男性には外用薬でケアする方法で対処するしかありませんでした。
そんな中、プロペシアの登場によりそれは変わったのです。

主成分フィナステリドは脱毛に深く関わるホルモンの生成を阻害する作用を持っています。その効果で脱毛を防ぎ、薄くなることが阻止できるのです。

そのため根本的な脱毛を治療出来るといっても過言ではないでしょう。

AGA治療を行う世界中の男性が愛用し、高い使用実績があります。

使用の際にあたっては半年、あるいは1年程服用の継続が前提のため、最後までやりきる決意を持たないとこれまでの経緯が無駄となります。

また保険適用外の治療のため、それなりの医療費負担も覚悟せねばならず、臨床試験などの結果では25%の方には効き目が現れなかったというデータも残念ながらあります。

そういったデメリットはあるものの、今まで改善できなかった人にもその恩恵が与えられている話は放っていてはいけません。

プロペシアの効果により、AGAの進行を遅らせ、ヘアサイクルの乱れを止めることで髪は再び生え始めてきます。

細いまま成長しなかったものが、正常に戻る事で太く長くなりやすくなるのです。


ミノキシジルとの併用がおすすめ
ノキシジル もうひとつAGA治療薬として有名なミノキシジルを併用すれば、相乗効果が生じ、効果をさらに実感出来ます。

よくこの二つの製品は混同されてしまいがちではあるのですが、持っている役割は全く異なっています。

ミノキシジルが持つ効果とは発毛を促すこと。
作用すると血管が拡張されますので頭皮の血行が促進されます。

その結果毛根へ栄養が行き渡りやすくなるため、髪の成長にも好影響を与えます。
外用薬のみだったものの、より効果の高いタブレットも登場し選択肢が広がりました。

ただひとつ注意していただくのが、タブレットも保険適用外の薬であるため全額負担が必要となります。

プロペシアと同様に短期間で結果は現れません。
長期的な使用が必須です。

使用する上で個人差もあり、効果の発現が目安といわれる期間を過ぎても実感出来ない事も考えられるので、全て受け入れて使用することがある意味最も重要な事です。


AGAの特徴
毛が薄い頭 プロペシア服用が必要となるケースは主にAGA治療を行う際です。
男性型脱毛症という呼称も有名なこの症状は、特徴として頭頂部の面積が拡がる事などが起こる進行性の脱毛症状であります。

対策を立てなければ髪は否が応でも抜け落ちてしまうので、放置したままだと取り返しが付かない事態を自ずと招き後悔してしまうでしょう。


90%がホルモンが起因となる症状であり、他にも心の負担が頭皮に影響したり、遺伝なども原因として当てはまります。

脱毛を促してしまうのは強力な男性ホルモンです。
DHT(ジヒドロテストステロン)というのですが、毛根付近にある毛乳頭細胞という髪の生成を促す細胞にある男性ホルモン受容体と結合した場合、脱毛のスタートが切られます。

ヘアサイクルという髪の生え変わりを乱す勝手な司令を発令してしまうのです。
この一連の流れがAGAの原因になり、薄毛を招くのです。

成長期を終了させ、ヘアサイクルの中の退行期、同じく休止期へと移行させてしまいます。髪が長く太くなる前にそこへ移行すれば、細く短い状態だろうと髪は抜け落ちます。

髪の成長にしても同様で、針のような細く短い毛のまま成長が止まって、頭皮がスカスカに見えてしまいます。

まさしくこの状態はAGAの典型的症状であるといえるでしょう。

現在1200万を超える男性がこの症状に悩み、外見の印象が変貌するために社交性が失われたり、プライドも傷つきます。

心的な傷にもなり、自信喪失にも繋がります。
何事にも後ろ向きになる原因となるため、放置をせず改善に向かい進む事が唯一解決に向かいます。

もしくは開き直るしかありません。
とはいえ治療にあたっては先述の通り高額な費用が必要で、意欲が出ない理由ともなることは事実です。


ジェネリックのすすめ
金銭的な理由が存在し、治療を始められないAGAの方におすすめするのが、フィンペシアです。

ジェネリックなのですがフィナステリドが主成分のため、効果はプロペシア服用と変わりなく、同様の効果がもたらされます。

なおかつ先発薬と比べて安価で購入出来るので自分に効果があるのか試す意味でも無駄な時間やお金を省けます。

いいことずくめですが、海外製品となるので国内での販売許可がありません。
そこで個人輸入、あるいは海外通販を利用し、購入します


副作用にも注意
頭を冷やす男性 医薬品ですから当然、副作用の事も一考せねばなりません。
比較的発現は少ないと言われていますが、リスクは必ず存在するという事は確認せねばなりません。

特に男性の悩みの中でも絶対に罹患したくないED(勃起不全)となる可能性が持っており、治療期間中には性的な欲求の解消が困難となります。

また最も注意するべき事は妊婦への影響です。
近くにいる場合は最も優先するべき事です。プロペシアが持つ効果はDHTを抑制する抗アンドロゲン作用です。

男児の妊娠が確認されていれば絶対に薬剤へ近づけてはなりません。
皮膚からも吸収が行われてしまうので、カットして服用することも厳禁です。

こういった危険性も持ちあわせていますが、厳重に注意をしていれば医師からも推奨される最も結果が見込める治療法です。

もちろん薄毛対策として、食事ならびに生活習慣改善もプラスアルファとして実行していけばもっと良い結果になることでしょう。

環境を整えつつ、確実に髪を増やしていって下さい。



注目の記事一覧
  • プロペシア錠剤 AGA治療に最も効果を持つ治療薬がプロペシアです。DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えて症状を遅らせるためです。
    詳しく見る
  • 健康に良い食事をする男性 体内環境を整えることでより薄毛改善に高い効果が期待できます。食生活に偏りがあると髪を生成する栄養素も不足します。
    詳しく見る


  • ショック顔をする男性 プロペシアは非常に効果の高い治療薬ですが、副作用には男性の機能である勃起が困難になるED、性欲減退などの副作用があるのです。
    詳しく見る
  • 髪を気にする男性 AGAの他にもさまざまな脱毛にも種類が存在し、またその対処・治療方法も原因により異なるため適切に行わなければなりません。
    詳しく見る