脱毛症状はAGA以外にもあります。原因は様々であり、突然なるものや日々の生活でなってしまったりします。

TOP > 脱毛症状の種類

脱毛症状の種類

鏡で自分の頭部を確認する男性
AGA以外にも脱毛症が存在し、我々を悩ませてしまう事があります。
代表的な症状をいくつか挙げてみましたので参考にどうぞ。


円形脱毛症
円形脱毛症の男性イラスト 脱毛症といえばこちらの症状が思い浮かぶという人が多数いらっしゃるでしょう。
その症状は突然髪が円、または楕円状に脱落してしまいます。

一箇所のみならず数カ所にも及ぶ場合があり、かなり目立ちます。
ストレス、自己免疫の異常、自律神経の異常など原因がいくつか考察されまだはっきりとは判明していません。

一時的な症状ですので、日数が経てば髪は再び生え始めます。まずは医療機関で対処を行って下さい。


脂漏性脱毛症
薄い頭皮を抑えて絶望する男性 原因はカビの一種です。
常駐菌なので、悪い菌ではないのですがなんらかの理由により増殖すると発症が始まります。それは皮脂の分泌が過剰になることでマラセチア菌(原因菌の名称)が増殖し、その際に起こる弊害としてフケ、かゆみが多数起きるのです。

さらに進行すると、毛穴が皮脂により塞がるため毛根に炎症が起こって脱毛症へと発展していきます。

治療にあたり、抗真菌薬またはステロイド剤を使い行います。


機械性脱毛症
頑固そうな工場の服装をしたヘルメットをかぶった男性 引っ張り続ける、物理的な力が加わる事で起きる脱毛症の一つ。
これらの状態で常時活動していた場合には強い負荷が頭皮にかかっているので、ダメージの蓄積が起きるのです。

継続しているとやがて額の左右の生え際から後退してしまいます。

髪を縛る必要のある職場や、ヘルメット着用必須の職場はこの脱毛症状が発現しやすいため、適度にかかる力より開放するのが一番の防止方法だと思います。


栄養不足
太った男性とサラダ ダイエットや偏食などで髪の生成に必要な栄養が不十分だと、脱毛が起きる場合があります。
構成物質であるタンパク質、それを生成する際に必須の亜鉛、皮膚の状態を健やかにしてくれるビタミン類などが足りないと髪の生成が間に合わなくなります。

解決方法はただ単に空腹を満たすのではなく、体調面を考えた食事の摂取を行います。

第一に健康状態にならなければいけません。

以上、脱毛症状の一部の解説でした。
それぞれ対処法が違い一時的なものや治療が長引く症状といったケースがあります。

上記の症状が現れた際、医師に判断を仰ぎ治療を開始ください。