プロペシアの有効成分と同様の効果を持つ新しい成分、デュタステリド。AGAによる脱毛を遅らせてヘアサイクルを正常に戻します。

TOP > 新成分・デュタステリド

新成分・デュタステリド

新成分・デュタステリド
大手製薬会社のグラクソ・スミスクライン社より発売されたアボダート。

デュタステリドという、プロペシアの成分フィナステリド、そしてミノキシジルでもない違う成分です。

日本でもつい先日ザガーロという商品名で販売されました。
欧米向けとして販売されているのがアボダートです。

商品名が違うだけでほぼ同じ商品と捉えても大丈夫です。
多少添加物が違う程度であり、発毛効果に関しても同じです。

主成分デュタステリドも、フィナステリドと同じく前立腺肥大症の治療薬でした。
アボルブという商品名であり、日本でも販売されています。

5αリダクターゼの作用を阻害する働きを持っているためAGA治療薬としても利用される事となりました。

経緯についても、そして持っている効果もプロペシアの逸話と似ています。

ショックな顔をする男性 効果についてですが、アボダートの方が高いと言われています。
5αリダクターゼには、実は1型と2型が存在しています。

原因である脱毛に多大な影響があるのは2型なのですが、もちろん1型も放っておいてはいけないものです。
テストステロン自体は無害なのでデュタステリドにより、その両方の作用を阻害すればより一層AGAの進行を食い止め、ヘアサイクルもより正常に戻っていくのです。

しかし忘れてはならないのが副作用です。
まだそこまで広まっていないためどれくらいの頻度で起こるのか正確には分かっていません。

発現するもので代表的なものがEDと性欲減退です。
これもプロペシアと同様です。
他にも乳房の肥大、めまい、腹痛なども起こることがあります。

はげた頭部を鏡越しに確認する男性 これからに期待のかかるアボダートですが、使用する場合ミノキシジルと併用を行うと相乗効果が見られるでしょう。

それぞれの持つ効果が違いますので組み合わせることにより脱毛しにくくする、発毛しやすくなるので髪の生え変わりに良い状態が整うのです。

最新の治療薬となり、これから普及が進むことでしょう。
またすでにジェネリックも登場しています。
こちらも海外通販にて購入可能です。

プロペシア通販