AGAに対して非常に効果的だと言われているデュタステリド。その成分が配合されたジェネリック医薬品でAGAの治療をすることで安い価格でAGA治療ができます。

TOP > 新成分・デュタステリド

デュタステリド配合のジェネリック

デュタステリド配合のジェネリック薬品ザガーロ

デュタステリドの成分が配合されているAGA治療薬としておすすめなのがジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品というのは「後発医薬品」のことを指していて、先発医薬品と同じ成分で構成されている医薬品です。

そのためジェネリック医薬品は先発医薬品と同様の効果が期待できるようになっていて、さらにジェネリック医薬品の方が安い価格で購入できることが特徴です。

どうせデュタステリドを含むAGA治療薬を使うのであれば、少しでも安く手に入るジェネリック医薬品の方を選んだ方がお得に治療することが可能です。

デュタステリドを含むAGA治療薬として非常に有名なのが「ザガーロ」です。

ザガーロは日本で正式に認可されたもので、2016年の6月から日本の市場にも出回るようになりました。

デュタステリドが主成分として作られているザガーロは、抜け毛を予防することができますが、ザガーロの販売元であるグラクソ・スミスクライン社はその点よりもザガーロに高い発毛効果があることを強調し、検証しています。

プロペシアと比べてみるとおよそ1.6倍といわれているので、ザガーロを使えばAGA治療はきっとはかどるでしょう。

気になる金額は、1ヵ月分で12000円~13000円くらいになっています。

さて、そんなデュタステリドを主成分としたAGA治療薬にはどんなジェネリック医薬品があるのでしょうか。

かなり有名なジェネリック医薬品は「デュタス」でしょう。

デュタスは5年以上も前から売られていて、デュタステリドを含むAGA治療薬の中でもかなり有名だと言えます。

製造しているのはインドの大手製薬会社ドクター・レディース・ラボラトリーズです。

デュタスに含まれるデュタステリドは0.5mgと、ザガーロと同じ用量なので、まったく同じような効果を期待することができるでしょう。

体質によっても変わってきますが、多くの人はミノキシジルと併用することによって早く育毛効果を期待することができるはずです。

濃度を上げていけばいくほど、強力な効果が期待できます。

もちろん、その分副作用などの点には注意しなければなりません。

ちなみにデュタスは1箱で3000円もしません。

デュタスはジェネリック医薬品なので、ザガーロとは比べものにならないほど安いのがわかります。

アボダート・デュプロスト

デュタステリド配合のジェネリック薬品デュプロスト

ザガーロはさすがに高い…と感じたら、自分の手が届きそうなジェネリック医薬品を選ぶことがおすすめです。

デュタステリドを含むAGA治療薬のひとつに「アボダート」というものがあります。

アボダートはザガーロと同様に先発医薬品に分類されるものですが、果たしてその違いはどういったものなのでしょうか。

アボダートは英国のグラクソ・スミスクライン社と呼ばれる会社が製造販売しています。

グラクソ・スミスクライン社は1953年頃に設立された歴史ある製薬会社で、業界でも大手に含まれる会社になります。

日本でもグラクソ・スミスクライン社の日本法人が存在しているので、知っている人は多いかと思います。

実はザガーロもアボダートと同じで、グラクソ・スミスクライン社が開発しているAGA治療薬です。

つまりアボダートとザガーロはどちらも同じなので、アボダートもザガーロも使ったときに得られる効果はほぼ同じだといっても過言ではありません。

厳密にいうと使用されている添加物に若干の違いはありますが、比較してみてもほとんど同じものだといえるでしょう。

アボダートはイギリスのグラクソ・スミスクライン社で開発され、「アボダート」という医薬品で販売しました。これに対して日本のグラクソ・スミスクライン社は「アボダート」を「アボルブ」という名称で販売しました。

その後、デュタステリドにAGA治療の効果があると分かったため、日本のグラクソ・スミスクライン社は新たに承認を得て「ザガーロ」としてAGA治療薬を販売したのです。これが違いなので、内容物はほとんど変わりません。

アボダートのジェネリック医薬品をひとつ紹介しておきましょう。

アボダートのジェネリック医薬品で有名なのは「デュプロスト」と呼ばれるものになります。

デュプロストはもともと前立腺肥大の薬としてFDAに認可されていましたが、有効成分はデュタステリドなので当然抜け毛予防に使うことができます。

そしてデュプロストはインドにあるシプラ社と呼ばれる製薬会社が販売しているもので、デュプロストだけではなくさまざまなジェネリック医薬品を作っている業界ではとても有名な製薬会社になります。

インド国内だけではなく北米やヨーロッパそしてアジアなど、世界中にジェネリック医薬品を輸出しています。

そんな製薬会社から出ているジェネリック医薬品になるので、いろんなところと比較しても信頼できる製薬会社だといえるでしょう。

ちなみに気になる値段ですが、アボダートは1箱4500円、デュプロストは1箱9000円となります。

これだけを見てみるとジェネリック医薬品であるデュプロストの方が高いように見えますが、1箱あたりの内容量がアボダートの3倍以上デュプロストには含まれているので、当然ジェネリック医薬品であるデュプロストの方が安いのです。

プロペシア通販