プロペシアの副作用は、抗アンドロゲン薬のため男性機能に影響が及びます。また使用の際にも気をつけるべき点があります。

TOP > プロペシアの副作用について

プロペシアの副作用について

頭を抱えてショックな表情を浮かべる男性
プロペシアの使用に関して日本皮膚学会では、推奨度ランクAという最も高い評価をしている薄毛治療の一つです。

8割以上の人に効果が発現するということで、医療機関などでも第一に選択されるはずです。

それほど高い効果の見込める治療薬でありますが時として副作用が発現してしまい体に異変が生じる事も確認されています。


副作用
女性の脇で頭を抱える男性 確率は使用者の1%ほどというとても低い数字なものの、医薬品のため起きる可能性はあります。

あまり強く考えるとそれはそれでまた問題なので、頭の片隅にでも置いていただければと存じます。

最も挙げられている副作用には、EDが挙がります。
ペニスの勃起が困難、あるいは全く勃起しない症状です。

そして性欲減退もそのうちの一つに挙げられています。

理由は抗アンドロゲン薬ですので、男性ホルモン抑制効果により発現します。
AGAの症状の進行を遅延もこの効果によるものです。

そのため服用を中断し、しばらく経過すると元に戻るとのことなのでそれはご安心下さい。

ただし治療途中に自己判断で中断するのはあまり望ましいものではないので、まず医師へ相談して下さい。

その他にも射精時の精液の量が減少したり、めまいが起きたり、胸部の肥大化、つまり乳房が肥大する事というケースも報告されています。


使用する際にも注意
妊婦
続いて使用に当たる際の注意点です。
こちらもご存じの方が多いと思われます。

妊婦との接触は絶対に避けるということです。
特に男児を妊娠している場合なおさらです。

それも抗アンドロゲン薬という理由によるものです。
主成分フィナステリドは危険ランクの最上位にも指定されているため、危険な薬を扱っているという意識は必ず持って下さい。

誤って服用してしまった、または触れた場合、男児の男性器に異常が出る可能性があります。

錠剤はコーティングされているため、触れた場合に影響はありませんが、カットして使っていた場合中身を触れた場合はその危険性が及びます。

フィナステリドは皮膚からも吸収されてしまいます。

本来カットして使用するのは推奨されておりません。

また妊婦がそばにいる場合はしばらく使用を控えて下さい。
治療はいつでも行なえますが、子供に異常が出た場合は一生の問題となり、後悔するにしてもあまりにも遅すぎます。

それが起こってしまうという可能性もよく考えて判断して下さい。