AGAの症状や原因に対して、一般的に販売されている育毛剤などはしっかりと効果を発揮してくれるのでしょうか。AGAと育毛剤の関係性について解説します。

TOP > 薄毛の原因

育毛剤の効果

育毛剤

髪の毛が薄いということについて悩んでしまう人は多いと思います。

毛髪というものは人に見られてしまうものですから、薄くなってしまうと気になりますよね。

特に年齢が若いほど薄毛の症状になっていることが目立ってしまいます。

AGAは年齢に関係なく発症するので、若い方でも薄毛になってしまうことがあります。

では世の中にいる薄毛に悩んでいる人はどんなものを使っているのでしょうか。

一般的には育毛剤と呼ばれるものを使っている方が多いと思います。

育毛剤というのはその名の通り、髪の毛の成長を促進させる効果をもたらしてくれるものです。

具体的にいうと血行を促進して細胞を活性化させ、さらに皮脂分泌や男性ホルモンを抑制したりする効果があります。

基本的に髪の毛というものは毛母細胞が働いて生えるものなので、育毛剤はその働きを再度活性させる効果があるのです。

ただ、毛母細胞というものは、たくさんの栄養が必要になります。

つまり厳密にいうと、育毛剤だけでは髪の毛は育ちません。

しかし育毛剤を使うことで、必要な栄養が毛母細胞に運ばれるようになるので、結果として育毛が促進されるということになります。

育毛剤は血行をよくしてくれますが、育毛剤を使ったからといって必ずしも生えてくるというわけではありません。

また育毛剤によっては保湿効果などあらゆる効果が存在する場合もあり、頭皮の新陳代謝の促進も期待できるようになっています。

新陳代謝が崩れている状態だと新しく生える髪の毛が成長しづらくなり、その結果薄毛になる可能性を高めてしまいます。

新陳代謝というものは生きている以上ずっと繰り返されるもので、人間の場合は1ヵ月の周期で新しい細胞に入れ替わるようになっています。

頭皮の場合はフケ、髪の毛は抜け毛という形で体の外に排出されるわけです。

新陳代謝による原因から生じる薄毛はあくまでもひとつの要因でしかありませんが、もしあなたがなんらかの理由で新陳代謝のメカニズムが低下している場合、きっと育毛剤が役に立ってくれるでしょう。

また、一般的に発毛剤と呼ばれるものと育毛剤は別物です。

発毛剤というのは髪の毛を生やすものであり、AGA治療に対して使われるものです。

たとえば、当サイトで紹介しているミノキシジルなどがそれに当てはまります。

育毛シャンプーの効果

シャンプーする男

育毛剤とは別に、育毛シャンプーと呼ばれるものが存在します。

シャンプーといったらいわゆる一般的に市販されているようなものを想像する人が多いと思いますが、実は育毛効果に特化した専用のシャンプーというものが登場しているのです。

つまり薄毛に悩んでいる人にとっては、優先的に選ぶべきシャンプーだといえるでしょう。

では、育毛シャンプーとは具体的にどのようなものなのでしょうか。

基本は育毛シャンプーの種類によって含まれている成分に違いがありますが、ほとんどの場合はアミノ酸系の界面活性剤というものが使用されています。

これは石鹸の構造にアミノ酸がくっついたようなもので、お肌に対し非常に優しいのが特徴です。

肌にこびれついた汚れを取り除くということは、すなわち肌に対して刺激を与えてしまうことになります。

そうなると汚れだけではなく、肌の調子を維持するために重要な保湿成分やバリア成分も一緒に取り除かれてしまいます。

現在市販されている多くのシャンプーというのは刺激の強いものなので、実は頭皮に対してあまりいいものとはいえないのです。

だから髪の毛を大事にしたいと考えているのならば、育毛シャンプーを積極的に使ってみましょう。

育毛シャンプーによっては、洗浄成分の強い石油系の界面活性剤が含まれていることがあるので注意してください。

ラウリル硫酸Naなどの成分は、頭皮に対して強い刺激を与えてしまうため、頭皮ケアとしての効果を期待することはできません。

また、育毛シャンプーは育毛剤と同じものではないということも覚えておきましょう。

育毛シャンプーを使っているからといって、確実に髪が生えてくるということはありません。

育毛シャンプーというものは、あくまでも頭皮環境を正常な状態に維持してくれるだけの存在です。

髪の毛を元気で生えやすくするためのベースとして、頭皮環境は大事になるので、その環境を育毛シャンプーで整えることができるのです。

では、育毛シャンプーと育毛剤を併用するとどうなるのでしょうか。

育毛シャンプーと育毛剤を併用することで、より強力な効果が期待できることが安易に想像できる思いますが、結論からいうと、その可能性はあるといえます。

育毛シャンプーは頭皮の状態がよくなるので、そこから育毛剤の浸透力が増していきます。

つまり育毛剤の効果が強く現れる可能性があるのです。

そのため、育毛シャンプーや育毛剤だけに頼らずに併用することがオススメです。

ただし、もちろん個人差はありますし、たとえ、頭皮環境を整えても原因となっているものを改善しない限りはなかなか薄毛の症状を改善することはできません。

AGAに育毛剤は効果を発揮するのか

育毛剤を使う男

薄毛というのは厳密にいうといろんなタイプの人がいて、人によってその原因となるものが異なるのが特徴です。

そのため、タイプによって適した治療法が色々違うことがあります。

ということは、育毛剤は薄毛に悩む万人に対して共通して使えるものだとは限りません。

育毛剤は、AGAによる薄毛に対して効果があるのでしょうか。

AGA治療といえば、AGA治療薬として有名なプロペシアやミノキシジルを使うことが効果的ですが、実はこれらの成分が含まれていない育毛剤でもAGAを治療する上で使用することができます。

AGAというのはジヒドロテストステロンによって毛周期が狂ってしまい、毛母細胞を弱くしてしまうことで生じるものです。

AGAを抑制するということは、すなわちジヒドロテストステロンが発生することを抑えることにつながると言い換えることができます。

実はこのようなAGAの治療にも育毛剤が効果的だと言われています。

ただし重要なのは、すべての育毛剤がAGAに効くわけではないということです。

育毛剤に含まれる成分は種類によって違いがありますので、AGA治療に使っていきたい場合はAGAの原因となるジヒドロテストステロンに効くものを選んでいかなければいけません。

たとえばオウゴンエキスやビワ葉エキス、ヒオウギ抽出液などの植物性天然素材が配合されている育毛剤がいいでしょう

オウゴンエキスはコガネバナの根から抽出されるエキスのことで、漢方や生薬として古くから使われてきました。

オウゴンエキスはDHTの発生を抑制する効果があると言われているので、非常に効果的だとされています。

インターネットを使って調べてみると、AGAに効く育毛剤はいくつも出てくるので、最近ではそこまでめずらしいものではありません。

ただし、AGAに効くタイプの育毛剤であっても、やはり万人に確実に効果があると言い切ることはできません

強力なAGA治療薬でも改善できない人はたまにいるので、効果が出ない可能性もあるのです。

しかし薄毛というのは、初期段階であればあるほど改善できる可能性が高くなります。

少し薄くなってきたかもしれないという人と、かなりAGAの症状が進行してしまっている状態の人と比べると、当然前者の方が育毛剤で治せる確率は大幅に高くなります。

そのためAGA初期段階だという人は、育毛剤によるAGA治療を試してみてはいかがでしょうか。

ジヒドロテストステロンがあまり生成されていない状態であれば、あっという間に薄毛の悩みは消え去ってしまうかもしれませんよ!

育毛剤の副作用

育毛剤を使っている男

薄毛というのは厳密にいうといろんなタイプの人がいて、人によってその原因となるものが異なるのが特徴です。

そのため、タイプによって適した治療法が色々違うことがあります。

ということは、育毛剤は薄毛に悩む万人に対して共通して使えるものだとは限りません。

育毛剤は、AGAによる薄毛に対して効果があるのでしょうか。

AGA治療といえば、AGA治療薬として有名なプロペシアやミノキシジルを使うことが効果的ですが、実はこれらの成分が含まれていない育毛剤でもAGAを治療する上で使用することができます。

AGAというのはジヒドロテストステロンによって毛周期が狂ってしまい、毛母細胞を弱くしてしまうことで生じるものです。

AGAを抑制するということは、すなわちジヒドロテストステロンが発生することを抑えることにつながると言い換えることができます。

実はこのようなAGAの治療にも育毛剤が効果的だと言われています。

ただし重要なのは、すべての育毛剤がAGAに効くわけではないということです。

育毛剤に含まれる成分は種類によって違いがありますので、AGA治療に使っていきたい場合はAGAの原因となるジヒドロテストステロンに効くものを選んでいかなければいけません。

たとえばオウゴンエキスやビワ葉エキス、ヒオウギ抽出液などの植物性天然素材が配合されている育毛剤がいいでしょう。

オウゴンエキスはコガネバナの根から抽出されるエキスのことで、漢方や生薬として古くから使われてきました。

オウゴンエキスはDHTの発生を抑制する効果があると言われているので、非常に効果的だとされています。

インターネットを使って調べてみると、AGAに効く育毛剤はいくつも出てくるので、最近ではそこまでめずらしいものではありません。

ただし、AGAに効くタイプの育毛剤であっても、やはり万人に確実に効果があると言い切ることはできません。

強力なAGA治療薬でも改善できない人はたまにいるので、効果が出ない可能性もあるのです。

しかし薄毛というのは、初期段階であればあるほど改善できる可能性が高くなります。

少し薄くなってきたかもしれないという人と、かなりAGAの症状が進行してしまっている状態の人と比べると、当然前者の方が育毛剤で治せる確率は大幅に高くなります。

そのためAGA初期段階だという人は、育毛剤によるAGA治療を試してみてはいかがでしょうか。

ジヒドロテストステロンがあまり生成されていない状態であれば、あっという間に薄毛の悩みは消え去ってしまうかもしれませんよ!