プロペシアはAGA治療で第一に選択されるほど効果の高い薬です。

TOP > プロペシアの効果

プロペシアの効果

プロペシア錠剤
AGAの治療を行うために最もポピュラーな方法、認知度も広まっているプロペシアですが、詳しい効果、そして副作用にはなにがあるのか知らない方もいるのではないかと思います。

また以前は違う疾患に対する薬でした。
このページではその情報と入手方法、価格も合わせお知らせします。


プロペシア開発経緯
開発はアメリカに本拠を置く、メルク社という製薬会社です。

前立腺肥大症などの症状を改善するプロスカーという商品として元々は販売されていましたが、髪の成長へ作用する事が確認され改めて研究や臨床試験が行われたのです。

そうして1997年、FDA(アメリカ食品医薬品局)より認可されて販売に至りました。

日本での販売開始時期は2005年12月から行われ、販売委託は子会社でもある日本法人のMSD株式会社です。


主成分、効果
クシを持ち鏡を見て髪の毛を心配する男性 主成分は抗アンドロゲン薬の一つフィナステリド。
強力な作用を持つDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する働きを持っています。

5αリダクターゼという酵素によって男性ホルモンのテストステロンが変換されるとDHTへ変化します。

毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受信体と結合した場合、勝手な司令を出し、ヘアサイクルの乱れを引き起こすのです。

その結果細く短い髪のまま成長が止まり、AGA特有の針のような髪が頭皮を目立たせ、まばらに見えてしまうのです。

プロペシアはこの一連の流れを阻害し、進行を遅らせる事が可能ですので入手する場合AGAを専門に扱うクリニック、または受診可能な総合病院により処方される必要があります。

しかし保険適用外のため(脱毛症状は疾患として扱われていない)全額負担となります。医療機関によって多少違いますが1ヶ月分およそ6000円~10000円が相場です。

さらに初診料、再診料などが加わればもう少し負担額が増えます。
長期的に続けなければならないので、経済的な負担も一考せねばなりません。

ですが安心して下さい。
その際はジェネリックがありますので、偏見が無ければ迷わず利用して下さい。


プロペシアの副作用
体に悪そうな錠剤と水を複雑そうに持つ男性 副作用にはEDを発症してしまう可能性があります。
また性欲の減退も確認されています。

比較的発現は少ないとは言われていますが、起きる可能性もあるという事も想定しておいて下さい。

そして特に気をつけるべき点が妊婦との接触。
男児の妊娠が確認される場合、抗アンドロゲン作用が働き性器の成長に胎児に重大な障害を与える恐れがあるのです。

妊婦がそばにいる場合、使用はしばらく中止して下さい。


新成分の登場
そして最近プロペシアとほぼ同じ効果を持つ新成分、デュタステリドを配合したアボダートという商品がこちらも大手製薬会社であるグラクソ・スミスクライン社より発売されました。

抗アンドロゲン作用でAGAの原因になるDHTを抑制します。
プロペシアと並び今注目の商品となっています。

プロペシア通販