AGAの治療方法として、薬以外の選択肢を選ぶことだってできます。たとえば、カツラや植毛がそれにあたります。

TOP > 薄毛の原因

カツラ・植毛

カツラ

AGAの効果的な治療には治療薬を使うのが一番ですが、AGAで悩んでいる男性の中には、どれだけ効果がある治療薬だとしても医薬品を使うのはどうしても不安だという人もいるかもしれません。

特に、AGA治療薬の中にはホルモンに働きかけるタイプのものもあるので、ホルモンに働きかける医薬品は強い不安を感じるという人もいることでしょう。

もしかしたら、治療薬を使うのは最終手段として温存しておきたい、という人もいるかもしれませんね。

治療薬を使用する以外の方法だと、カツラ・植毛といった方法があります。

カツラも植毛も昔から存在する方法なので、治療薬を使用する以外の方法と聞いたときに真っ先に思い浮かべた人も多いと思います。

何かとマイナスイメージで取られることが多いカツラですが、現在のカツラは昔のものよりも改良されており、特に医療用のカツラは一級品といえる出来になっています。

昔のカツラは生え際を自然に見せることが難しかったのですが、現在のカツラは樹脂や人工皮膚などの開発が進んだことによって、自然に見せることができるようになっているのです。

現在のカツラは、日常生活においては自ら外したりしない限り、周囲にカツラであることがバレてしまうことは少ないといえるでしょう。

それくらいに日本のカツラは改良されていますが、慣れないとカツラをつけるまで手間がかかってしまいますし、スポーツをしたときや雨の日にはバレやすくなってしまうというデメリットも存在します。

同じように、風が強い日もカツラであることがバレやすくなってしまうので、気をつけたほうがいいでしょう。

また、費用が少し高めになってしまうこともあり、品質などにもよりますが20万から50万程度必要になるうえに4年か5年で買い換えるのが一般的だとされています。

もう一つの方法である植毛は、地肌が見えるほど髪が薄くなってしまっている部分に新しい毛髪を移植するという治療法になります。

移植する毛髪は自毛か人工毛のどちらかになりますが、人工毛の場合、自分の身体の細胞ではないものを移植することになるので頭皮に拒絶反応が起きる場合もあります。

自毛であれば拒絶反応は起きませんが、移植できるくらいに他の部分の頭髪が生えていないと移植することが難しくなってしまいます。

ですが、植毛をすれば自分の髪の毛になるので、煩わしさなどを感じなくてもいいというメリットがあります。

カツラ・植毛にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、その二つをしっかり調べたうえで、自分が安心して利用できる方法を選択しましょう。

ハーグ療法

ハーグ療法を解説する医者

AGAは治療薬に頼る以外にも、カツラや植毛といった方法で改善することもできます。

しかし、AGAを治療する方法は治療薬やカツラ、植毛以外にも存在しています。

AGAの治療方法の中には、ハーグ療法という方法もあるのです。

ハーグ療法というのは、とても簡単に言ってしまうと、乱れている毛周期のサイクルを正常に整えてAGAを治療する方法です。

そもそもAGAというのは、毛周期サイクルが乱れることによって髪の成長期が短くなり、休止期が長くなってしまっている状態です。

休止期に入った毛髪は活動を停止してしまっていますが、細胞そのものが死滅しているわけではないので、細胞を活性化させることができれば髪を生やすことができます。

ハーグ療法では休止期に入ってしまっている部分に成長因子を注入し、毛母細胞を刺激して細胞分裂を活性化させます。

さらに、髪に必要な栄養素を送り出す部分も刺激するので、毛母細胞へ十分に栄養が行き渡るようになり、根本から太い髪を生やして髪の毛のボリュームアップをするのです。

ハーグ療法は定期的に成長因子を注入することによって細胞が刺激され続け、毛髪の成長サイクルを正常な状態にすることができるというメリットがあります。

ハーグ療法で注入する薬剤は、血管拡張薬やビタミンB、コエンザイムQ10なおどを含むメソカクテルという薬剤と、脂肪幹細胞を培養した細胞から分泌された各種の成長因子を含んだタンパク質であるAAPEを加えて作られたハーグカクテルという薬剤です。

AAPEは頭皮に投与すると、成長期段階にある毛髪の誘発、増殖毛乳頭細胞と角化細胞であるケラチノサイトの増加、毛包成長の増加といった効果が見られます。

つまり、ハーグ療法では毛髪の成長に非常に効果的なハーグカクテルの効果によって、毛髪の成長を促進させて髪質を改善させるという治療法になります。

自毛植毛となんとなく似ている印象を受けますが、自毛植毛では他の位置に生えている自分の髪を気になるところに移植するのに対し、ハーグ療法は自分で新たに髪を生やすというような方法になります。

ハーグ療法は外科手術でAGAを治療することに不安がある人や、内服薬や外用薬では思ったような効果が出なかった人に特にオススメできる方法です。

また、ハーグ療法では継続的に治療をする必要があるので、継続的な治療が苦痛に感じてしまう人にはあまりオススメすることができません。

どんな内服薬や外用薬を試しても効果が見られなかったという人は、諦めてしまう前にハーグ療法を試してみるのもいいのではないでしょうか。