AGAによる脱毛へ高い治療効果を期待することができるミノキシジルの概要や、使用方法、また副作用についてご紹介します。

TOP > ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果

ミノキシジル
ミノキシジルとは発毛に効果があるとして知られている成分です。

頭部に塗布、またはタブレットを服用すると血管拡張作用によって血流が良くなり、髪へ栄養が行き届きやすくなります。

発毛が促され休止期に入っていた毛根が再び活動しだし、髪が生え始めます。

元々生えている細かった毛にも作用し太くしていきます。


意外と古くからあるミノキシジル
ミノキシジル自体は1960年頃から使われている成分です。
アップジョン社(現在のファイザー製薬の前身)により開発され、高血圧の血圧降下剤として使用されていました。

しかし副作用である多毛症の報告が多く寄せられたため、それを転用すれば髪に対しても有効ではないか?ということで再び研究や臨床試験が行われたのです。

そして1980年代に脱毛に有効な外用薬であるロゲインを販売します。
日本では1999年に大正製薬から初めてミノキシジルを配合したリアップが販売されることになりました。

それまでは、海外からロゲインを個人輸入によって取り寄せる人が多かったようです。
それからさらに年月が経ち、初めてのミノキシジルタブレットがファイザー製薬より発売されました。

ロニテンです。
頭皮へ塗って浸透させるより、服用して成分を血中に溶け込ませた方がより高い効果を得られます。そのため早い人であれば1ヶ月ほどで効果を実感できるといいます。


諦めずに使用しましょう
頭をかく男性 一般的には3~4ヶ月で効果が現れるとされモニターの結果でも80%近くの使用者に発毛が認められました。半年間の使用で、なにかしらの変化が起こるとされています。

諦めずに使用していきましょう。
同じくAGA治療薬であるプロペシアと合わせて使えば、相乗効果によりさらに髪が生えてくる確率が高くなります。

プロペシアには脱毛を食い止める効果があるので、発毛効果のあるミノキシジルとはかぶりません。


ミノキシジルの副作用
しかし問題点もあります。
タブレットの場合、より効果が高い反面副作用も強く出てしまうことがあります。

多くの人に多毛症が現れるようです。
頭部以外の腕、すね、胸などの毛が濃くなってしまいます。

そして血圧が低下する場合もあります。
元々降下剤として使われていた成分ですので、この症状が出るのはある意味当然と言えるでしょう。

ミノキシジル配合薬には自身の状況に合わせて選べるという利点があります。
効果はタブレットより弱いものの気軽に使える外用薬、しっかりとした効果を得たい場合のタブレットと、効果の強弱を選べるので医師へ相談したりモニターチェックなどで確認し使用してみるのも良いかもしれません。

プロペシア通販