AGAによる脱毛へ高い治療効果を期待することができるミノキシジルの概要や、使用方法、また副作用についてご紹介します。

TOP > ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果

ミノキシジル
ミノキシジルとは発毛に効果があるとして知られている成分です。

頭部に塗布、またはタブレットを服用すると血管拡張作用によって血流が良くなり、髪へ栄養が行き届きやすくなります。

発毛が促され休止期に入っていた毛根が再び活動しだし、髪が生え始めます。

元々生えている細かった毛にも作用し太くしていきます。


意外と古くからあるミノキシジル
ミノキシジル自体は1960年頃から使われている成分です。
アップジョン社(現在のファイザー製薬の前身)により開発され、高血圧の血圧降下剤として使用されていました。

しかし副作用である多毛症の報告が多く寄せられたため、それを転用すれば髪に対しても有効ではないか?ということで再び研究や臨床試験が行われたのです。

そして1980年代に脱毛に有効な外用薬であるロゲインを販売します。
日本では1999年に大正製薬から初めてミノキシジルを配合したリアップが販売されることになりました。

それまでは、海外からロゲインを個人輸入によって取り寄せる人が多かったようです。
それからさらに年月が経ち、初めてのミノキシジルタブレットがファイザー製薬より発売されました。

ロニテンです。
頭皮へ塗って浸透させるより、服用して成分を血中に溶け込ませた方がより高い効果を得られます。そのため早い人であれば1ヶ月ほどで効果を実感できるといいます。


諦めずに使用しましょう
頭をかく男性 一般的には3~4ヶ月で効果が現れるとされモニターの結果でも80%近くの使用者に発毛が認められました。半年間の使用で、なにかしらの変化が起こるとされています。

諦めずに使用していきましょう。
同じくAGA治療薬であるプロペシアと合わせて使えば、相乗効果によりさらに髪が生えてくる確率が高くなります。

プロペシアには脱毛を食い止める効果があるので、発毛効果のあるミノキシジルとはかぶりません。


ミノキシジルの副作用
しかし問題点もあります。
タブレットの場合、より効果が高い反面副作用も強く出てしまうことがあります。

多くの人に多毛症が現れるようです。
頭部以外の腕、すね、胸などの毛が濃くなってしまいます。

そして血圧が低下する場合もあります。
元々降下剤として使われていた成分ですので、この症状が出るのはある意味当然と言えるでしょう。

ミノキシジル配合薬には自身の状況に合わせて選べるという利点があります。
効果はタブレットより弱いものの気軽に使える外用薬、しっかりとした効果を得たい場合のタブレットと、効果の強弱を選べるので医師へ相談したりモニターチェックなどで確認し使用してみるのも良いかもしれません。

ミノキシジルの服用方法

ミノキシジルの服用方法について説明する医者

薄くなった髪を改善するためには抜け毛予防だけではなく育毛も必要になります。

そんなときに役立つAGA治療薬がミノキシジルです。

さて、このミノキシジルはどのように服用すればいいのでしょうか。

まずミノキシジルには外用薬と内服薬の2種類があります。

外用薬と内服薬で服用方法は異なりますが、それぞれの使用方法についてしっかりと学んでおきましょう。

より効果が高いとされている内服薬のミノキシジルタブレットの服用方法について紹介します。

では育毛を目的としてミノキシジルを服用するときの目安ですが、基本的には1日につき2.5mg~10mgを飲むことになります。

またこの用量で、朝と夜の2回飲むのが効果的です。

この用量を超えて飲んでしまうと副作用を引き起こしてしまうリスクを高めてしまうかもしれませんので、プロペシアと同様に自分の判断だけで用法用量を勝手に変えたりはしないようにしてください。

またミノキシジルのタブレットには2.5mg、5mg、10mgの3種類が存在しますが、初めて服用する場合は2.5mgからはじめて様子を見つつ使うようにしましょう。

そして内服薬のミノキシジルタブレットなどを飲む際に、併用が推奨されているものもあります。

そのひとつが「利尿剤」です。

ミノキシジルタブレットは降圧剤ですから、血管を拡げ血圧を下げるために水分を溜め込もうとする作用が存在します。

そのためミノキシジルを服用することにより、むくみが出てきてしまうことがあります。

さらにいうと血圧が下がりすぎて危険な状態に陥ってしまう可能性も出てくるわけです。

だからミノキシジルをより安全に飲み続けるためにも、利尿剤を使って体内に溜まる水分をきちんと出すようにしてください。

また「βブロッカー」と呼ばれる薬も試してみてください。

これは心臓に関する病気や頻脈を治療するために使用されるもので、ミノキシジルタブレットとの相性もいいと言われています。

ミノキシジルには動悸や息切れなどの副作用が存在するので、心臓に負荷をかけないようにするためにβブロッカーがよく使われています。

利尿剤やβブロッカーといった薬とミノキシジルタブレットを併用することに対して不安に思ってしまうようなこともあるかもしれません。

しかし、βブロッカーや利尿剤を併用して使うことでより安全にミノキシジルを使用できると言われているので、むしろおすすめされています。

たとえ面倒でも、こういった併用をすることで安全性が高くなると聞けば、使いたくなりますよね。

ぜひ併用してみてください。

ミノキシジルの併用注意薬と併用禁忌薬

白い錠剤

ミノキシジルを使い続けるときには飲み方も重要ですが、さらに気をつけないといけないこととして併用注意薬や併用禁忌薬の内容についてもしっかり覚えておかなければいけません。

併用注意薬というのはミノキシジルと併用する際に注意して飲まないといけないものであり、併用禁忌薬というのはミノキシジルと併用してはいけない薬になります。

どんな医薬品にも薬と薬の相性というものがあるので、ミノキシジルを使い始める際にも、ミノキシジルの併用注意薬がなにか、併用禁忌薬がなにかを知っておきましょう。

ミノキシジルは、血圧に影響する医薬品との併用を避けるように指定されています。

ミノキシジルは降圧剤なので、ミノキシジル以外の薬も血圧に影響すると血圧のコントロールが上手にできなくなってしまうおそれがあるのです。

たとえばバイアグラと呼ばれるED治療薬はミノキシジルとの併用が禁止されています。

バイアグラは男性なら勃起不全を治療する際によく使用する人が多いと思いますが、バイアグラに含まれるシルデナフィルという成分にはミノキシジルと同様に血管を拡張させる作用が存在します。

つまり万が一バイアグラと併用してしまうと、血圧が急激に低下してとても危険な状態になってしまう可能性があるということです。

そしてスマトリプタンと呼ばれる薬も併用しない方がいいとされています。

こちらは片頭痛の痛みを和らげるための薬ですが、スマトリプタンは神経伝達物質であるセロトニンに働きかけ、血管を収縮させる作用があります。

ミノキシジルには血管の拡張作用がありますので、互いの効果により血圧のコントロールが難しくなってしまいます。

その結果、体が危険な状態にさらされてしまうということです。

さらに併用してはいけないものとして、アルコールも挙げられます。

アルコールは血管を拡張させて血圧を下げる作用が存在します。

普段アルコールを飲む際に脈が早くなるのを感じたことがある人は多いと思いますが、それは血圧が下がっていることによって起こるわけです。

つまりミノキシジルと一緒に飲んでしまうことによって、副作用の発症率を大幅に高めてしまうことになります。

現在ミノキシジル以外に何か薬を使っている場合は、必ず併用してはいけないかどうかを調べるようにしましょう。

自分で判断できないという場合は、必ず医師と相談してから使用することが大事です。

ぜひ併用してみてください。

ミノキシジルが配合されたものは市販でもあるが…

リアップ

一般的に市販されている育毛剤の中にも実はミノキシジルが含まれている製品はあります。

そのため「ミノキシジル」という言葉自体はなんとなく知っているという人も多いのではないでしょうか。

そして市販されているものをすでに試したことがある人もいると思います。

ただ、人によっては、市販されている育毛剤を使っても思ったような効果を感じられなかったということがあると思います。

そのためミノキシジルという成分について、自分ではまったく効かないと思い込んでいる人は多いでしょう。

その結果あきらめてしまっている人も多いと思います。

しかし、それは勘違いかもしれません。

もちろんミノキシジルの効果については個人差があります。

しかし、日本で市販されている育毛剤に含まれているミノキシジルというのは、海外で売られているものとは違って配合量が少ない場合があります。

つまりミノキシジルの配合量が多い海外のものを選ぶようにすれば、強力な育毛効果を実感できるようになるかもしれないということです。

たとえば市販されている育毛剤としてリアップなどが有名ですが、リアップには1%のミノキシジルしか配合されていません。

この1%で効果が出る人はいますが、あまり育毛効果を感じないという人も多いでしょう。

実は海外で売られているものだと、なんとミノキシジルが5%以上のものがたくさんあります。

ものによっては10%を超えるものもありますので、比較してみると日本で市販されているリアップは圧倒的に配合量が少ないことが分かりますよね。

基本的にミノキシジルという成分は、その配合量が多ければ多いほど育毛に対して効果が強くなるといわれています。

ということは必然的にリアップだと育毛効果を感じない人がいても不思議ではないわけです。

だから単純に育毛効果をより強く感じたい場合は、さらに配合量の多いものを選ぶことで育毛効果を実感しやすくなるでしょう。

ただし、効果が強ければ強いほどその反動として副作用を感じやすくなるということ。

つまり安全面を考えると、リアップなど一般的に市販されているミノキシジルの少ない育毛剤を選んだ方がいいでしょう。

はじめて育毛剤デビューを考えているなら、少ない配合量の育毛剤から試した方がいいと思います。

どうしても効きづらいなと感じたら、より配合量の多い海外製品を試してみるのがいいでしょう。

もちろんその際には自分だけでは判断せず、病院で相談しながら決めるのがベストです。

プロペシア通販