AGAは女性にも起こり得る症状です。女性のAGAである「FAGA」について解説します。

TOP > 薄毛の原因

AGAは女性にも起こり得る

AGAに悩む女性

AGAは男性に起きる症状……このように考えている女性は多いのではないでしょうか。

確かにAGAに悩まされている人は男性が中心ですが、AGAは男性のみに現れる症状ではありません。

実はAGAは女性でも起きる可能性がある症状なので、女性も警戒しておいたほうがいい症状だといえるのです。

女性のAGAはFAGAという呼ばれ方をされており、FAGAでは女性ホルモンが大きな鍵を握っています。

女性の体内にも男性ホルモンは存在していますし、テストステロンやジヒドロテストステロンが毛髪に影響を与えるメカニズムは男性と同じになっています。

ですが、FAGAの場合、テストステロンやジヒドロテストステロンよりもエストロゲンのほうが大きく関係しているのです。

というのも、エストロゲンには髪を育てる働きも含まれていて、女性ホルモンが十分に分泌されていれば血液中のテストステロンの濃度が男性の20分の1の状態になり、髪への影響はほとんどありません。

ですが、女性ホルモンがあまり分泌されない状態になってしまうと、血液中のテストステロンの濃度が高くなってしまい、FAGAが引き起こされてしまいます。

女性のAGAであるFAGAは、テストステロンよりもエストロゲンが原因によって引き起こされるといえます。

FAGAはAGAと比べると脱毛のパターンが異なっており、FAGAでは頭髪が薄く弱まることで薄くなるという特徴を持っています。

つまり、AGAは頭頂部と前頭部を中心に局所的に薄くなりますが、FAGAでは全体的に薄くなるという違いがあるのです。

とはいっても、FAGAでも前頭部から頭頂部の間、頭頂部の辺りが薄くなりやすい傾向にあるともいわれているようです。

また、FAGAは女性ホルモンは減少するものの一定量は分泌されるようになっているため、AGAのように放置しているとどんどん進行するといったことはあまりありません。

AGAとFAGAはなんだか似たような印象がありますが、厳密に言うとこのような違いが存在しているのです。

女性ホルモンは主に加齢と共に分泌量が減っていきますが、ストレスや過度なダイエットが原因になって分泌される量が減ってしまうこともあります。

また、睡眠不足など生活習慣が乱れることによっても女性ホルモンの量が安定しなくなってしまうので、注意が必要です。

少し意外かもしれませんが、きつめの帽子を長時間被っていると、頭部の毛細血管を圧迫してしまうのでFAGAの原因に繋がってしまうこともあります。

FAGAに繋がる原因は様々なものがあるので、男性がAGAに気をつけているように、女性もFAGAには気をつけましょう。

女性が利用できないAGA治療薬

女性がAGA治療薬を利用してはいけないことを説明する医者

男性だけでなく、女性でもAGAが現れるのなら、女性もAGA治療薬に頼りたいですよね。

確かにAGA治療薬を使えば男性のAGAは効果的に治療することができますが、FAGAの場合、AGA治療薬は使用できないことがほとんどです。

男性と同じAGAで、同じAGAの治療薬を使うだけの話なのに、何故女性がAGA治療薬を使用できないのか、きちんとした理由を知りたいですよね。

AGA治療薬が女性には使用できないのは、妊娠予定にある女性や妊娠している女性がAGA治療薬の成分に触れると、男子胎児の成長に大きな影響が出る可能性があるためです。

これは男性のAGAを引き起こすジヒドロテストステロンが、男子胎児の生殖器を正常に形成するという重要な役割を果たしているという理由があるからです。

主に男性が使用する目的で作られているAGA治療薬には、ジヒドロテストステロンの生成を阻害する効果が含まれているので、妊娠している女性や妊娠予定にある女性がAGA治療薬を服用してしまうと、男子胎児の生殖器が正常に形成されなくなってしまう恐れがあるのです。

服用しなければ大丈夫なんじゃない?と思うかもしれませんが、AGA治療薬の成分は皮膚からも吸収されてしまうので、錠剤を砕いた粉末に触れるだけでも吸収される可能性があります。

そのため、女性はAGA治療薬を服用するだけでなく、触ることすらも禁止されているのです。

また、女性のAGAであるFAGAと、男性のAGAはそもそも原因になっているホルモンの種類が異なっています。

既に解説しているように、男性のAGAはジヒドロテストステロンが主に原因になって引き起こされていますが、FAGAでは女性ホルモンであるエストロゲンが主な原因になっていますよね。

男性用のAGA治療薬にはエストロゲンに作用する成分は含まれていないので、女性が服用しても効果があらわれず、副作用ばかりを感じることになってしまうのです。

似ているように見えるAGAとFAGAですが、原因となるホルモンは異なっているので、二つを混同して考えてしまわないように注意しましょう。

女性がAGA治療薬を使用できないのには、このようなちゃんとした理由が存在しています。

FAGAを治療したい場合、違う方法や治療薬を使って治療していくことになるので、FAGAになったからといってAGA治療薬を服用するのは絶対にやめましょう。

また、既にAGAを治療するために治療薬を服用しているという男性も、女性が触れる場所に治療薬を保管しないようにするなど、しっかり管理していく必要があります。

女性用のAGA治療薬

FAGAの治療薬

さまざまな理由から女性が男性用のAGA治療薬を使用することは禁止されています。

それでは、女性がFAGAになったときはどのようにして効果的に治療すればいいのか、そして、そもそもFAGAの効果的な治療法は存在しているのか、不安になる人もいるかもしれません。

結論から言ってしまうと、FAGAの効果的な治療法は存在しています。

というのも、現在の日本には女性用のAGA治療薬も作られているため、FAGAに悩んでいる女性は女性用のAGA治療薬を手に取ることができるのです

女性用のものならFAGAに対して効果があるように作られているので、使っても効果が全く出ないなんてこともありませんし、安心して使用することができますよね。

FAGAを素早く治療したい、FAGAを治療するなら効果的な方法で治療したいと考えている人は、女性用のAGA治療薬を使いましょう。

AGA治療薬の中で女性用のものは、内服薬と外用薬の両方が作られています。

内服薬タイプの女性用のAGA治療薬は、抜け毛の予防や発毛を促進させる効果がある成分を含んだ薬を経口摂取することになります。

男性用のAGA治療薬でもそうであるように、女性用のAGA治療薬は外用薬よりも内服薬のほうが効果が強いという一面を持っていますが、効果が強いということは副作用もあらわれやすいということになります。

外用薬を使ってFAGAを治療する場合、FAGAに対して効果があり、女性でも使用できる外用薬で治療していくことになります。

外用薬は頭部に塗って使うので副作用が出にくく、内服薬以上に安心して使うことができるので、どうしても副作用が心配な人は外用薬タイプの女性用AGA治療薬の使用をオススメします。

女性用のAGA治療薬にも、それぞれ特徴があり、適した薄毛のタイプが存在しています。

それぞれの治療薬の効果をより引き出すためには、自分が悩んでいる薄毛のタイプに適している治療薬を選択するのが何よりも大切になってきます。

効果がありそうな女性用のAGA治療薬を適当に選ぶのではなく、まずは自分の薄毛のタイプがどのようなものなのかをしっかり考え、それに適したものを選ぶようにしましょう。

自分の薄毛のタイプを調べるのはなかなかに面倒ですし、気分も下がってしまうかもしれませんが、より効果的な治療をするためには必要になってくることです。

自分が悩んでいる薄毛がどのようなタイプなのかわからない人や、自分で判断するのはあっているかどうかわからなくて不安な場合は、専門のクリニックで相談しましょう。