プロペシアで脱毛を抑え、ミノキシジルでさらに発毛を促すことでAGAに対し、高い効果を得ることができ、改善に向かいます。

プロペシアとミノキシジルでAGA治療

新しい選択肢、プロペシア
プロペシア 従来まで髪の薄い男性には外用薬でケアする方法で対処するしかありませんでした。
そんな中、プロペシアの登場によりそれは変わったのです。

主成分フィナステリドは脱毛に深く関わるホルモンの生成を阻害する作用を持っています。その効果で脱毛を防ぎ、薄くなることが阻止できるのです。

そのため根本的な脱毛を治療出来るといっても過言ではないでしょう。

AGA治療を行う世界中の男性が愛用し、高い使用実績があります。

使用の際にあたっては半年、あるいは1年程服用の継続が前提のため、最後までやりきる決意を持たないとこれまでの経緯が無駄となります。

また保険適用外の治療のため、それなりの医療費負担も覚悟せねばならず、臨床試験などの結果では25%の方には効き目が現れなかったというデータも残念ながらあります。

そういったデメリットはあるものの、今まで改善できなかった人にもその恩恵が与えられている話は放っていてはいけません。

プロペシアの効果により、AGAの進行を遅らせ、ヘアサイクルの乱れを止めることで髪は再び生え始めてきます。

細いまま成長しなかったものが、正常に戻る事で太く長くなりやすくなるのです。


ミノキシジルとの併用がおすすめ
ノキシジル もうひとつAGA治療薬として有名なミノキシジルを併用すれば、相乗効果が生じ、効果をさらに実感出来ます。

よくこの二つの製品は混同されてしまいがちではあるのですが、持っている役割は全く異なっています。

ミノキシジルが持つ効果とは発毛を促すこと。
作用すると血管が拡張されますので頭皮の血行が促進されます。

その結果毛根へ栄養が行き渡りやすくなるため、髪の成長にも好影響を与えます。
外用薬のみだったものの、より効果の高いタブレットも登場し選択肢が広がりました。

ただひとつ注意していただくのが、タブレットも保険適用外の薬であるため全額負担が必要となります。

プロペシアと同様に短期間で結果は現れません。
長期的な使用が必須です。

使用する上で個人差もあり、効果の発現が目安といわれる期間を過ぎても実感出来ない事も考えられるので、全て受け入れて使用することがある意味最も重要な事です。


AGAの特徴
毛が薄い頭 プロペシア服用が必要となるケースは主にAGA治療を行う際です。
男性型脱毛症という呼称も有名なこの症状は、特徴として頭頂部の面積が拡がる事などが起こる進行性の脱毛症状であります。

対策を立てなければ髪は否が応でも抜け落ちてしまうので、放置したままだと取り返しが付かない事態を自ずと招き後悔してしまうでしょう。


90%がホルモンが起因となる症状であり、他にも心の負担が頭皮に影響したり、遺伝なども原因として当てはまります。

脱毛を促してしまうのは強力な男性ホルモンです。
DHT(ジヒドロテストステロン)というのですが、毛根付近にある毛乳頭細胞という髪の生成を促す細胞にある男性ホルモン受容体と結合した場合、脱毛のスタートが切られます。

ヘアサイクルという髪の生え変わりを乱す勝手な司令を発令してしまうのです。
この一連の流れがAGAの原因になり、薄毛を招くのです。

成長期を終了させ、ヘアサイクルの中の退行期、同じく休止期へと移行させてしまいます。髪が長く太くなる前にそこへ移行すれば、細く短い状態だろうと髪は抜け落ちます。

髪の成長にしても同様で、針のような細く短い毛のまま成長が止まって、頭皮がスカスカに見えてしまいます。

まさしくこの状態はAGAの典型的症状であるといえるでしょう。

現在1200万を超える男性がこの症状に悩み、外見の印象が変貌するために社交性が失われたり、プライドも傷つきます。

心的な傷にもなり、自信喪失にも繋がります。
何事にも後ろ向きになる原因となるため、放置をせず改善に向かい進む事が唯一解決に向かいます。

もしくは開き直るしかありません。
とはいえ治療にあたっては先述の通り高額な費用が必要で、意欲が出ない理由ともなることは事実です。


ジェネリックのすすめ
金銭的な理由が存在し、治療を始められないAGAの方におすすめするのが、フィンペシアです。

ジェネリックなのですがフィナステリドが主成分のため、効果はプロペシア服用と変わりなく、同様の効果がもたらされます。

なおかつ先発薬と比べて安価で購入出来るので自分に効果があるのか試す意味でも無駄な時間やお金を省けます。

いいことずくめですが、海外製品となるので国内での販売許可がありません。
そこで個人輸入、あるいは海外通販を利用し、購入します


副作用にも注意
頭を冷やす男性 医薬品ですから当然、副作用の事も一考せねばなりません。
比較的発現は少ないと言われていますが、リスクは必ず存在するという事は確認せねばなりません。

特に男性の悩みの中でも絶対に罹患したくないED(勃起不全)となる可能性が持っており、治療期間中には性的な欲求の解消が困難となります。

また最も注意するべき事は妊婦への影響です。
近くにいる場合は最も優先するべき事です。プロペシアが持つ効果はDHTを抑制する抗アンドロゲン作用です。

男児の妊娠が確認されていれば絶対に薬剤へ近づけてはなりません。
皮膚からも吸収が行われてしまうので、カットして服用することも厳禁です。

こういった危険性も持ちあわせていますが、厳重に注意をしていれば医師からも推奨される最も結果が見込める治療法です。

もちろん薄毛対策として、食事ならびに生活習慣改善もプラスアルファとして実行していけばもっと良い結果になることでしょう。

環境を整えつつ、確実に髪を増やしていって下さい。

AGAの具体的な症状とは

額の生え際が気になっている男

非常に多くの男性を悩ませる、男性型脱毛症ことAGAですが、皆さんはこのAGAの症状がどのようなものなのか……というのを知ってしますか?

おそらく多くの人がAGAという名前、そしてAGAという病気の症状である髪が薄くなる……ということについては知っているけれど、具体的にどのような症状がAGAなのか、というのはあまり知らないのではないでしょうか。

しかし症状を知れば、自分がAGAを既に発症しているのか、それともまだ発症していないのか、ということを知ることもできるので、もしAGAになりたくないと思っているのであれば、AGAの症状について知っておきましょう。

まずAGAは男性ホルモンが頭部で変異し、その影響で髪の成長サイクルが短くなる病気です。

成長サイクルが短くなるとどのような不都合なことが起こるのかというと、本来であれば長く伸びるはずの髪が伸びきる前に髪の成長が止まってしまう、抜けてしまうというような症状を発症してしまうのです。

その結果、本来であれば非常に長く伸びるはずだった髪が徐々に短くなっていき、最終的には髪が一切成長しない状態になってしまうのです。

なので、このAGAを発症してしまうと髪がどんどん抜け落ちていき、残っている髪も短く、そして少なくなっていき、最終的に頭部から髪が無くなってしまうのです。

このようなAGAを発症し、症状が進行していくと徐々に目に見える症状が現れるようになります。

具体的な症状としては、シャンプーをすると髪がごっそり抜け落ちる、髪のボリュームが減る、額が広くなる、カットしていないのに短い髪が増え始める、というようなものがあります。

これらの症状というのは、AGAを発症して髪が抜けやすくなり、更に髪の成長サイクルが短くなっていく事によって発症する症状です。

そのため、もし普段シャンプーをしている最中に髪の抜け方が激しいように感じた、いくらセットしても髪がペタンと寝るようになった、短い髪が増え始めたという人は、一度このAGAを疑ってみると良いかもしれません。

また、自分ではAGAかどうかわからないけれどもなんだか不安だ……という風に思う人は、一度家族や友人などの第三者に自分の髪が薄くなっているかどうか聞いてみましょう。

AGAの特徴として、第三者が見た時にパッと見て分かるほどに髪が薄くなっているということが挙げられます。

もし第三者が見た時に髪が薄いとすぐに分かるような状態になっているのであれば、AGAはかなり進行してしまっている可能性があります。

AGAは進行性の薄毛

症状の段階について説明する医者

多くの男性を悩ませる男性型脱毛症、通称AGA。

これは進行性の薄毛と呼ばれており、症状の段階が存在している、というのを知っていますか?

このAGAの症状にはレベルと呼ばれる段階が存在しており、それぞれの段階ごとに症状が異なっているという特徴があります。

そして、症状の段階によっては自分がAGAを発症しているということを気づかないような物も存在しているので、人によっては知らず知らずのうちにAGAを発症している可能性もあるのです。

AGAのレベルと呼ばれる症状の進行段階には7つの段階が存在しています。

レベル1からレベル2が初期のAGAと呼ばれるもの。

レベル3から4が中期のAGA。

そしてレベル5から7が後期のAGAと呼ばれるものになります。

さらに、レベル2とレベル3には更に2つの段階が存在しております。

AGAの特徴的な症状である、生え際が後退するM字ハゲ、もしくはつむじを中心に髪が薄くなるO字ハゲと呼ばれるもの、このどちらかしか発症しない物と、どちらも同時に発症するVertex型と呼ばれる物の2種類があります。

具体的な症状はどのようなものかというと、実は初期のAGA(レベル1とレベル2)は、パッと頭を見てもAGAを発症しているようには見えず、「そういえば髪が少し薄くなっている気がする……」という程度の症状です。

しかし、そこから中期のAGAであるレベル3へと症状が移行した段階で、脱け毛によって初期の段階と比べて見て分かるほどに髪の量が減っていきます。

さらに、M字型に薄くなっていた部分ははっきりとM字だとハッキリ分かるほどに薄くなります。

つむじ部分から薄くなるO字ハゲも、前髪を後ろに流しても隠し切れないほどにOの形が広がっていきます。

そして、レベル3からレベル4へと症状が進行すると、M字に後退していた生え際は、頭頂部付近の髪の生え際が後退していく事によって、M字からU字へと変化し、O字に薄くなっている部分に関しては、つむじ付近の薄毛から頭頂部全体の薄毛へと変化します。

その後AGAがレベル5へと移行すると、頭頂部や生え際などの髪がない部分と、もともと髪が生えていない額などが繋がりはじめ、そこからレベル6へと移行すると、AGAの特徴でもある側頭部にのみ髪が生え、頭頂部にはほとんど髪が残っていない状態になってしまいます。

そして、そのまま症状の進行を食い止めなければ、レベル7のAGAになってしまい、側頭部の髪も抜け落ちてしまい、頭部からほとんどの髪が抜け落ちてしまい、坊主頭とスキンヘッドの中間のような髪型になってしまうのです。

AGAになりやすい人

AGAになってしまった男

とても多くの人が悩んでいるAGAですが、不思議な事に世の中にはAGAに一切悩まされること無く、何事も無く日常生活を送っているというような人もいます。

そして、このようなAGAに悩まされていない人がいる反面、AGAに悩まされて毎日髪が1本抜けるかどうかに一喜一憂するような人もいるのは事実です。

どうしてAGAを発症して悩んでいる人がいるのか、そして発症せずに何事も無く日常生活を楽しんでいる人がいるのか……疑問に思ったことはありませんか?

実はAGAという病気には、発症しやすい体質の人と、発症しにくい体質の人の2種類の人がいるのです。

AGAを発症し易い体質とし難い体質、これらが何によって決まるのかというと、AGAの原因である男性ホルモンの分泌量です。

AGAという病気は、人体に存在している男性ホルモンに5αリダクターゼと呼ばれる酵素が結合し、ジヒドロテストステロン(通称DHT)と呼ばれる物質が生成されることによって発症する脱毛症です。

このDHTと呼ばれる物質が毛根に対して作用し、髪の成長サイクルを変異させてしまい、髪が伸びきる前に抜けてしまう、成長サイクルが短くなることによって髪がスカスカになっていく……というような、AGAの症状が発症してしまうのです。

そして、このDHTという物質が作られるかどうか……というのは、体内の男性ホルモン量が多ければ、それだけ沢山のDHTが生成される可能性があると言う事でもあります。

そのため、男性ホルモンの分泌量が多い人というのは、AGAになりやすいということでもあるのです。

男性ホルモンの分泌量というのはもともとの体質などによって決まる点でもありますが、実はある医薬品を使用することによって、非常に多くの男性ホルモンが分泌された状態を人為的に作り出すことができます。

その医薬品というのは、アナボリックステロイドと呼ばれるもので、筋力増強剤として使用される医薬品です。

この医薬品を使用すると、外部から男性ホルモンを摂取し、体内に多量の男性ホルモンが満ちた状態を作り出せるため、ボディービルダーのような筋肉を付けたいと思っている人がたびたび使用しています。

しかし、このアナボリックステロイドを使用していると平時よりも体内の男性ホルモン量が増大してしまうため、AGAの発症リスクも高まってしまうのです。

なので、もしトレーニングなどを行うのが趣味で、その際にアナボリックステロイドを使用して筋肉量を増やしたいと思っているのであれば、AGAの発症に注意する必要があると言われているのです。

AGAの対策方法

AGAの対策方法を解説する医者

発症すると髪がどんどんと抜け落ちてしまう、非常に恐ろしいAGA。

どうにかして発症を予防したい……そう思うのは当然のことです。

しかし、具体的に発症を予防するためにはどうすれば良いのだろうか、どのような対策を取れば良いのだろう、という風に悩んでいる人もいるでしょう。

そのような人は、まずはAGAにならないための対策を実践してみてはいかがでしょうか。

そうすることによって、AGAの発症率を低下させ、辛い思いをせずに済む様になるかもしれません。

AGAの対策を行う際、はじめに行うべきだと言われていることは「食生活の改善」だといえます。

私達人間をはじめ、生き物の身体というのはさまざまな食物を摂取し、その栄養素を体の隅々まで行き渡らせる事によって、健康で元気な体が作られていきます。

そのため、身体に必要な栄養素が不足した状態が長期間続くと身体に様々な不調が現れはじめるのですが、それは髪に対しても同じです。

髪にとって必要な栄養をきちんと摂取してあげなければ、髪というのはどんどん元気が無くなっていき、その結果、髪が抜けやすくなってしまうのです。

なので、もしAGA対策を行ないたいのであれば、まずは食生活の見直しからはじめてみましょう。

その次に、私達の日常生活の中で知らず知らずのうちに髪や体に対して負荷をかけているものとして、「不摂生な生活とストレス」があります。

ストレスは軽度のものであれば集中力の増加など身体に良い効果が現れますが、過剰にストレスが溜まりすぎていると、血流の悪化などを招き、体調を悪くしてしまいます。

さらに、生活習慣が乱れて肩こりや首のコリなどが現れてしまうと、頭部に対して流れる血液量が減少してしまい、その結果、毛髪に対しての栄養などがきちんと行き届かなくなってしまうのです。

こうなってしまうと食生活に気をつけていたとしても髪に対して充分な栄養が行き渡らなくなり、その結果AGAを発症してしまう可能性もあるのです。

そのため、もしAGA対策を行いたいと思っているのであれば、適度にストレスの解消を行う、生活習慣を見直し、健康な生活をおくるようにするというのが非常に大切なのです。

身体に対して良い生活、いわゆる健康的な生活というものを送るようにすれば、自然と毛髪にも良い生活をおくることができるようになります。

AGAにならないように対策を行いたいと思っているのであれば身体に良い健康で健やかな生活を送るように心がけ、頭髪だけではなく、身体も一緒に健康になりながらAGAにならないための対策を行っていくようにしましょう。

AGA対策は早めに!

進行していくAGA

AGAは進行性の脱毛症と呼ばれるものです。

そのため、一度発症すると時間の経過によって症状が良くなっていくのではなく、時間が経てば経つほどに症状が悪化していってしまいます。

初期段階のAGAであれば、市販されている一般的な育毛剤を使用する事によって症状の進行を食い止め、髪を再び生やし、フサフサの髪を取り戻すことができますし、その際にかかる費用というのもそこまで高額ではありません。

しかし、AGAの症状が進行していくと話は変わってきます。

誰が見ても分かる程にAGAの症状が進行していってしまった場合、AGA治療に使用されるような専用の育毛剤を使用したAGA治療を行うことになるのですが、その際にかかる費用というのは通常の育毛剤を使用した際にかかる費用よりも多少高くなってしまいますし、内部の成分の関係で副作用を起こしてしまう可能性もあるのです。

そして、そこから更に症状が進行していき、頭部に毛髪がほとんど残っていないという状態になってしまった場合には、育毛などの治療を行うのではなく植毛、つまり頭部に自分の毛髪の残っているものを埋め込んで行く、もしくは人工の毛髪を毛穴に埋め込むなどの植毛を行う必要が出てきてしまうのです。

このような植毛を行うとなると、施術の際にかかる費用は育毛剤を購入する際にかかる費用よりも高額になりますし、治療にかかる時間や負担も非常に大きなものになってしまいます。

そのため、もしこのAGAを発症してしまったのであれば、早期対策や早期治療を行うことが非常に大切であると言われているのです。

早期治療の方法としては、一般的な育毛剤を使用した髪の成長促進や、シャンプーによる育毛・毛髪へのダメージの削減などがあります。

どちらの方法もとても簡単に実践できるものなのですが、特にシャンプーによる育毛や毛髪・頭皮へのダメージの削減というのは非常に効果が高いと言われています。

一般的に販売されている刺激の強く、使用すると頭皮がスーッとした爽快感に包まれるシャンプーの中には、頭皮や毛髪に対してダメージを与えるようなものも存在しています。

それらのシャンプーから、育毛シャンプーと呼ばれる物に切り替える事によって、シャンプーが原因で発生する頭部に対してのダメージを削減、更に育毛剤などの効果を高めることができるのです。

そのため、育毛剤を使用したAGAの早期治療を行ないたいと思っている人はシャンプーも同時に見なおしてみると良いかもしれません。

AGAのセルフチェック

セルフチェックする男

AGAは人知れずひっそりと進行するという特徴のある脱毛症です。

そのため、気がついた時には毛髪がスカスカになってしまっていた……ということも非常に良くあることなのですが、そのような誰が見ても分かるほどにAGAが進行してしまう前にも、AGAを見破る方法というのは存在しています。

その方法はAGAのセルフチェックと呼ばれるもので、YesとNoのアンケート形式で行います。

選択肢の内容は以下の9項目です。

1.ストレスが溜まっている

2.睡眠不足である

3.母方の家系に薄毛の人が多い

4.野菜を食べず、外食ばかりしている

5.頭皮に痒みやフケ、炎症がある

6.高刺激のシャンプーを使用している

7.抜け毛が1日に100本以上ある

8.喫煙している

9.体毛が濃い

これら9つの項目のうち、もし8個以上にYesと答えてしまった人というのは、AGAを既に発症している確率が高いと言われています。

そのような人は早期に治療をはじめなければ、気がついた時には手遅れとなってしまっている可能性もあるので、早い段階で治療を始めるようにしましょう。

そして、もしYesの数が4個以上7個未満だった場合、AGAを既に発症している可能性は低いけれども、いつ発症してもおかしくはない状況であると言われています。

そのため、日常的に頭皮や毛髪に対してダメージが少なく、健康な髪を作り出せるような生活を心がけるようにしましょう。

そして最後に、Yesの数が3個以下だったという人は、現状AGAを発症している可能性は限り無く低いと言えるでしょう。

しかし、限りなく低いということは言い方を変えれば、発症している可能性は決して0では無いということです。

なので、普段からAGAを発症してしまわないように頭皮や毛髪に対して負荷を与えないような生活を送り、髪を健康な状態にしてあげましょう。

また、セルフチェックの方法は他にも存在しており、その中でもとても簡単に行える方法として、抜けている毛髪の量を調べると言うものがあります。

私達の身体というのは、健康な状態であれば1日に80本から100本程度髪が抜けるようになっています。

そのため、もしシャンプーをした後や寝起きの枕に80本から100本以上に髪が抜けているのであれば、AGAを発症している可能性が高いと言われています。

そのため、もしシャンプー後の排水口や、寝起きの枕に大量の髪の毛がはり付いているのであれば、その本数を一度数え、自分の髪がどれだけ抜けているのかを確認してみましょう。

あまりにも大量の髪が抜けているのであれば、AGAを発症している可能性が非常に高くなります。

AGAと年齢は関係ない

若い人でもAGAになる可能性を指摘する医者

多くの人が悩んでいるAGAの症状ですが、皆さんはこのAGAを発症する人というのは何歳くらいの人だと思いますか?

薄毛や脱毛と聞くと、恐らく非常に多くの人が40代、50代の男性いわゆる中年男性と呼ばれるような年齢の人が発症する病気であるという風に思っているでしょう。

しかし、その考えというのは実は間違いで、AGAを発症する人に年齢は一切関係ないのです。

というのも、このAGAという脱毛症の原因となるのは、男性ホルモンが原因で発症する脱毛症です。

そのため、男性ホルモンの分泌が非常に活発になる10代の中頃から後半頃から、このAGAを発症する可能性があらわれはじめ、中には10代後半でAGAを発症しているという人もいるのです。

なので、まだ若いから大丈夫という風に思わず、常日頃からAGAに対しては気をつける必要があるのです。

また、このAGAはどのような年齢の人であっても発症する可能性が有りますが、その中でも発症率が最も高くなる年代と言うものがあります。

その年代というのは、20代後半から30代前半です。

どうしてこの年齢層の人はAGAの発症率が高まるのかというと、ストレスと不安、そして男性ホルモンの分泌量が関係しています。

男性ホルモンの分泌量というのは、20代の中頃から後半がピークと言われており、その時期になると非常に多くの男子ホルモンが分泌されるようになります。

そして、このホルモン分泌量が最も高くなるような年齢になってくると、仕事やプライベートなどで様々な人と接する機会も増え、生活環境もガラッと変化します。

その事自体は非常に良いことではあるのですが、その際に溜まるストレスや不安というのは、それまでの生きてきた人生ではなかなか体験できないほどに強烈なもので、多くの人がこの頃になるとストレスや不安が原因で身体に異変をきたすようになるのです。

そして、このようなストレスや不安というのはAGAの原因となる物のため、男性ホルモンの分泌量が多くなる20代の中頃からAGA発症者数というのは徐々に増えはじめ、20代後半から30代前半になると非常に多くの人がAGAを発症するようになるのです。

また、男性ホルモンの分泌量のピークなどはその人の体質や遺伝などによって時期が変動しますし、男性ホルモンの分泌量のピークを迎える前でも、遺伝などによってAGAになりやすい体質の人の場合、非常に早い段階でAGAを発症してしまう可能性もあります。

そのため、自分はまだ若いから大丈夫と思わず、若い人もAGAに注意しつつ、発症した際には適切な治療を行うようにしましょう。

病院で治療

落ち込んでいる男

AGAを発症してしまった人の多くが、自分の髪はもうこのまま薄いままなのだろうか、どうやっても治らないのだろうか……と思い悩んでしまい、落ち込んでしまいがちです。

ですが、そのように落ち込む必要はありません。

というのも、実はAGAというのは専門の病院などを利用することによって、発症後に治療することができます。

病院で治療ができると聞くと、一体何科にいけば良いのかを考えると思います。

AGA専門のクリニックなどであれば、ただそこに行って診察を受ければいいだけですが、総合病院などの場合は専門科がたくさんあるので迷ってしまうでしょう。

目が痛むなどの症状であれば眼科に、咳が止まらないであれば耳鼻喉頭科に、胃や腸が痛むのであれば内科にという風に、病院というのは症状とそれに対応している、専門の科が存在しています。

そのため、身体に何か不調があるのであれば、その不調を治療できる専門の科に行くことによって、非常に簡単に治療をはじめることができます。

ではAGAは何科に行けばいいのでしょうか。

AGAというのは頭髪の問題です。

そのため、頭髪科や毛髪科なんてものがあるわけでもないので、何科にいけば治療できるのか、治療用の医薬品を処方してもらえるのだろうかと考えてしまうのは、いたって当然のことでしょう。

そのため、病院に行って治療を行ってもらえると言う事が分かっても、具体的に何科にいけばいいのかわからないという人が非常に多くいるのです。

AGAになった時に受診するべきは皮膚科です。

私達人間の毛髪というのは、爪や皮膚と言った物と同じような成分で作られています。

皮膚科に行って医師による診察をうけることによって、脱毛症の原因がAGAのような男性ホルモンにあるのかという事を調べてもらう、もしくは何か他の病気が原因で脱毛症を発症しているのかというのを調べてもらうことができるのです。

また、皮膚科以外の科で診察を行ってもらいたいという風にもし思っているのであれば、受診前に受診しようと思っている病院に電話をかけ、職員にAGAの診察を行っているか、治療用の医薬品があるかというのを事前に確認しておくようにしましょう。

そうすることによって、いざ病院に行ってみたものの、AGAについての知識がほとんど無い医師しかいないから、診察をうけることも治療をしてもらうこともできないというような状況を事前に回避することができます。

専門病院と一般病院

AGAの専門医

AGAの症状を治療したい、そのように思った時には皮膚科などの病院に行くことによって、医師による診察を受けてAGAの治療を始めることができます。

しかし、このAGA治療を行う際、一般の病院に行くというのは少々勇気がいることでもあります。

というのも、病院に行った際には保険証を提出することになります。保険証には自分の名前や住所が記載されているので、病院に行って診察を受けることで、誰が薄毛を治すために病院に来たのかということが医師や看護師に知られます。

呼び出し時には他の受診者にも知られてしまう可能性もあるので、ふとした時に恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。

このような理由から、非常に多くの人が病院に行ってAGAを治療したいけれど、病院に行くのは少々恥ずかしいと思ってしまっているのです。

さらに、通常の皮膚科というのはAGAの治療に対する知識がそこまで深く浸透しておらず、治療を行ってもそこまで効果が出ないという人も中にはいます。

病院に行って治療したい、でも少し恥ずかしい……そんな悩める人に非常にオススメなのがAGAクリニックです。

AGAクリニックというのは、その名の通りAGAを専門に診察を行っている病院です。

このAGAクリニックは薄毛に悩む人が気軽に治療を進められるように、さまざまな点に配慮しています。

たとえば、診察の手続きを行った後、個室になっている待合室で待機できるようになっていて、他の受診者と一切顔を合わせずに治療を行うことができるようになっているAGAクリニックもあります。

このようなAGAクリニックを利用すれば、誰かに名前がバレる事もなく、非常に簡単に治療を進めていくことができるのです。

さらに、このAGAクリニックというのはAGAを専門に取り扱っているため、治療に使用される医薬品や、治療方法なども皮膚科などで行われるAGA治療よりも専門的なものになっています。

そのため、皮膚科では症状が一向に良くならなかったという人であっても、AGAクリニックを利用することによって、非常に簡単にそして効果的な治療を行っていくことができるのです。

一般の病院に行ってAGAの治療を行うのがなんだか恥ずかしいという風に思っている人や、最寄りの病院でAGAの治療を行っているけれど一向に症状が良くならない、という風に思っている人は、一度AGAを専門に診察しているAGAクリニックを利用してみましょう。

自分のプライバシーをしっかりと守りつつ、通常の皮膚科などで行われる治療よりも確実な治療を行うことができます。

病院で行うことができる治療

専門医による診療

AGAの症状を治療したい!そう思った時には、皮膚科のような一般的な病院、もしくはAGAクリニックと呼ばれるAGAの治療を専門に行っている病院へと行くことによって、非常に効果的な治療を行うことができます。

そして、このような病院で行われる診察というのは、一般的な育毛剤を使用したような治療とは方法が少々異なっています。

どのような治療方法なのかというのは、受診者のAGAがどの程度進行しているのか、という症状の進行具合によって変化しますが、大きく分けると2種類の物があります。

1つは経口摂取を行う発毛剤を使用した治療です。

発毛剤には患部(頭皮)に対して塗布するような物も存在していますが、それ以外に経口摂取を行うものがあります。

この経口摂取を行う発毛剤というのは薬局などでは購入することができず、病院治療を行わなければ手に入れることができないものなのです。

そしてもう1つの方法は、一般的な育毛剤を使用した治療と同じように、頭皮に対して育毛剤を塗布するというものです。

この際に使用する育毛剤というのは、一般的に販売されている育毛剤よりも効果が強く、医師による診察を行ってもらい、その上で処方してもらわなければ、副作用があらわれてしまう可能性もあるのです。

また、症状の進行度合いによってはこれら2つの治療方法を併用するという治療の方法もあります。

育毛方法をどのようにするのかというのを医師による診察を受け、選択してもらえるというのは病院治療の非常に大きなメリットでもあるので、もし確実にそしてしっかりとした髪を安全に生やしたい……という風に思っているのであれば、皮膚科やAGAクリニックのような病院を利用した治療が非常にオススメなのです。

また、病院を利用したAGAの治療の場合はこの投薬治療が一般的な治療になりますが、それ以外の治療方法として、植毛があります。

この植毛は非常に重度のAGAの治療を行う際に用いられる治療方法で、頭に毛髪が全く無い状態でも、髪を埋め込む事によって非常に簡単にフサフサの髪を手に入れることができるのです。

しかし、植毛にかかる費用というのは非常に高く、更に見た目が明らかに植毛したとわかるような状態になってしまったり、時には傷跡ができてしまい、頭部が非常に痛々しい見た目になってしまう事もあります。

そのため、基本的にはどの病院、どのAGAクリニックでも投薬治療が最初に行われ、どうしても治療ができないという時に、最終手段として植毛がていあんされるようになっています。

病院で処方してもらうメリット

病院で処方でのメリットを示す医者

AGAクリニックや皮膚科のような病院へ行き、医師による診察を受けることによって、非常に簡単にAGAの治療を進めていくことができます。

そして、その治療の際には治療薬を処方してもらえるのですが、実はこの「処方してもらえる」というのは、病院を利用するメリットの1つでもあります。

その理由は、自分にあった適切な医薬品を処方してもらえるという点にあります。

病院以外の場所、たとえば薬局などで販売されている育毛剤や発毛効果のあるサプリメントというのは、薬局で販売してもよい、誰でも買えるという扱いの医薬品に該当します。

このような誰もが買える医薬品というのは、薬を使用した際の安全性を重視して作られています。

誤った使用方法を行わなければ、事故を起こすこと無く安全に使用することができる反面、効果もそこまで強烈なものではありません。

そのため、使用した際の効果というのも、人によっては満足の行く効果が得られるかもしれませんが、多くの人が使用しないよりかはマシと言う程度、もしくは使用したけれどもあまり効果があるように感じられないと答えるのです。

しかし病院で処方してもらえる医薬品というのは、処方前に医師が受診者のAGAの原因、症状の進行具合などを調べ、その上で今の症状であれば何をどれくらい服用すれば安全に治療を進めることができるのか……というのを判断した上で処方を行ってくれます。

なので、誤った使用方法を取らなければ、薬局で購入することができる市販薬と同じだけの安全性で、市販薬以上の効果を得ることができるのです。

さらに、病院で処方をして貰う際には、必ず医師による診察を受ける必要があり、その際には処方する医薬品に対するアレルギー反応をチェックする、パッチテストと呼ばれるものが行われます。

このパッチテストを行うことによってアレルギーを調べる利点として、アレルギー反応の中でも特に危険な症状であるショック症状が発生するリスクを下げることができます 。

処方する医薬品が自分の体にあっておらず、その結果ショック症状を起こしてしまったという非常に危険な状況を前もって回避し、安心かつ確実に病気の治療を進めていくことができるのです。

もし安全かつ確実に効果を得られるAGA治療薬を使用したい……という風に思っているのであれば、病院を利用して医師に治療薬を処方してもらう、という方法が非常に簡単かつ確実に効果を実感できる、AGAの治療方法なのです。

治療費と保険適応

治療費と保険適応について説明する医者

病気を治療する際、多くの人が気にする点として、治療を行ってきちんと自分の身体の悪い部分が治療できるのかという点と、その治療にいくらかかるのかという点があります。

AGAをはじめ、さまざまな病気の症状を治療し、自分の体を健康にする、自分の体の悩みを解消するというのは非常に良いことです。

しかし、だからといって誰もがそのために無尽蔵に治療費を捻出できるかというと、そういうわけではありません。

こういったことから、多くの人が病院で治療を行う際には、治療を受ければ症状が治療できるのかという点、そしてその治療にいくら費用がかかるのかというのを気にするのです。

そして、肝心のAGAの治療にいくら費用がかかるのかというと、具体的な金額は病院やAGAクリニックの治療プラン等によって変化しますが、多くの病院で完治まで治療を行うと、10万円以上のお金がかかります。

どうしてそれだけ高額なお金がかかるのかというと、実はAGAの治療というのは保険が適応されないからです。

保険が適応されるもの、されないもの……これらの違いとして、治療しなければ命に関わるかどうか、という点が挙げられます。

通常の風邪と呼ばれるような症状は、きちんと治療を行わなければ肺炎の原因となってしまう可能性もありますし、免疫力の低下で何か別の病気を発症してしまう可能性もあります。

このような病気というのは命に関わる病気であると判断され、治療の際には保険が適応されます。

しかしAGAというのは治療をしなくても特に命に別条はないので、治療の際には自由診療という扱いになり、診察費や処方費といった治療にかかる費用は、保険証を診察時に提出したとしても受け取りを断られてしまい、治療費は全額負担となってしまうのです。

そのため、AGA治療を病院で行う際には非常に高額な治療費が発生する、というのを忘れないようにしましょう。

また、治療費が全額負担であるという事を知ると、多くの人がそれならなるべく安い場所で診察を受けよう……という風に思うはずです。

確かに安価に治療をすすめることが出来るというのは非常に良いことではあります。

しかし、一番大切なのはどれだけ安価に治療を進めることが出来るかではなく、自分の頭髪の悩みをどれだけしっかりと治療することが出来るかです。

そのため、治療を行う際にはどれだけ安いかという視点で病院選びを行うのではなく、しっかりと自分が満足できる治療を行ってくれる場所をさがし、治療を始めるようにしましょう。

プロペシア通販


注目の記事一覧
  • プロペシア錠剤 AGA治療に最も効果を持つ治療薬がプロペシアです。DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えて症状を遅らせるためです。
    詳しく見る
  • 健康に良い食事をする男性 体内環境を整えることでより薄毛改善に高い効果が期待できます。食生活に偏りがあると髪を生成する栄養素も不足します。
    詳しく見る


  • ショック顔をする男性 プロペシアは非常に効果の高い治療薬ですが、副作用には男性の機能である勃起が困難になるED、性欲減退などの副作用があるのです。
    詳しく見る
  • 髪を気にする男性 AGAの他にもさまざまな脱毛にも種類が存在し、またその対処・治療方法も原因により異なるため適切に行わなければなりません。
    詳しく見る