毛活開始!プロペシアとミノキシジルでマジのチャレンジ

新しい選択肢

従来まで髪の薄い男性に有効とされる薬には外用薬以外に有効とされているものはありませんでしたが、2005年に登場した経口服用する事により髪の毛周期という生え変わる時期を大幅に乱し、髪全体を薄くしたり抜け落ちても再び生え変わることを抑制している状態を改善することが出来る薬として登場したのがプロペシア錠という5aリダクターゼの活性化を防ぐ阻害剤になります。
プロペシアとは、フィナステリドという成分で構成されており成分が頭皮に作用する事でDHTホルモンが生成されることを防ぎ、毛根の中にある男性ホルモン受容体に結合する事を阻害する作用をもち、男らしく成長する為に胎児期から体の中で使われるテストステロンを変換する事でDHTは作り出されるので、この生成を抑制する事で髪が栄養不足に陥ったり、成長を止める働きを止める事が出来るようになります。
脱毛症の症状を根本的に治療する事の出来る薬になるため、ミノキシジルと並んでAGAを治療するための有効薬として世界中の男の人に愛用され高い使用実績があり、半年あるいは1年程服用を継続する毛周期は正常に戻ると言われており長期的な服用が必要になり、保険がきかない治療となるためそれなりの医療費負担は覚悟の上で治療に踏み切らなければならず、臨床試験などの結果では25%の方には効き目を示さないというデータもあり誰にでも効く薬とはならない事は承知した上で自己判断しなければなりません。
手軽に始めたいと考えるのであればフィンペシアというジェネリックがあり、フィナステリドを成分としているので同様の効果が期待でき先発薬と比べて安価で使用できるので自分に効き目があるのか試してみるのも無駄な時間やお金を省くことに繋がるので有効であり、フィンペシアは海外製品となるので国内での販売は許可されていない為、服用する方は個人輸入の方法をとって下さい。
女性や未成年の方が服用出来ずまた有効性も確認されていないので服用は控えてください。